どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

https://www.watphananchoeng.com/