インプラントとクラウンがどう違うかという

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することに努めましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

www.shobnagulati.co.uk